FC2ブログ

Haloの足捌き、FairTrialの血を受け継いだ宿命

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう



【4月23日:皐月賞】



ソニンクは、産駒にノットアローン、ランフォルセ、ノーザンリバーがいる。
その娘アコースティクスが、ダービーを勝ったネオユニヴァース産駒ロジユニヴァースの母だ。

ソニンク、その娘アコースティクスは、ヴィクトワールピサの母ホワイトウォーターアフェアと、Machiavellian、Busted、Lorenzaccioの共通点がある。

ソニンク、アコースティクス、ホワイトウォーターアフェア、3頭の牝馬から生まれた仔を見ると、


□ソニンク
ノットアローン(父アグネスタキオン、3勝、ラジオNIKKEI賞2着、セントライト記念3着)

□アコースティクス
ロジユニヴァース(父ネオユニヴァース、5勝、ダービー、弥生賞、札幌2歳S、ラジオNIKKEI杯、札幌記念2着)

□ホワイトウォーターアフェア
アサクサデンエン(父シングスピール、8勝、安田記念、京王杯スプリングS、安田記念2着、読売マイラーズ2着、天皇賞4着)
スウィフトカレント(父サンデーサイレンス、6勝、小倉記念、天皇賞秋・日経新春杯・金鯱賞2着)
ヴィクトワールピサ(父ネオユニヴァース、7勝、皐月賞、有馬記念、ドバイWC、弥生賞、中山記念、ラジオNIKKEI杯、ダービー・JC3着)


5頭の共通点は、MachiavellianのもつHaloとクロスがある(シングスピールは母父Halo)

そして、マイル~中距離で実績を残していることだ。

5頭の重賞実績(3着内)を距離別にすると、

1400m【1-0-0-0】
1600m【1-2-0-0】
1800m【2-0-0-0】
2000m【7-4-0-1】
2200m【0-0-1-0】
2400m【1-2-2-0】
2500m【1-0-0-0】

圧倒的に2000m前後が強い。

Haloの足捌き、FairTrialの血を受け継いだ宿命というべきだろう。


ソニンクの母SonicLadyは、英1000ギニー3着、愛1000ギニー1着、サセックスS1着、ムーンランドロンシャン1着、ブリーダーズCマイル3着などの名マイラー。

ノーザンリバーは、父アグネスタキオンの種牡馬タイプから母のマイラー適性が引き出されたかもしれないが、牝系から見れば、2000mも十分こなせるだけの素養はある。

しかし、スウィフトカレント:ヴィクトワールピサ・アサクサデンエンが欧血の有無でG1実績に違いが出たように、

ノーザンリバーも父アグネスタキオンが欧血をもたないだけに、近親ロジユニヴァースと比較しても底力が足りないかもしれない。

ここが難点だ。


新馬戦はレーヴディソールの2着、ダート連勝で重賞も勝利。

アグネスタキオン産駒でダート勝ち上がりから重賞制覇はアグネスアークぐらいではないか。そのアグネスアークも天皇賞2着実績だ。

また、3歳500万下ダート1400m、このレースを見る限り、スタートから騎手が追い通しで4角でまくって突き放す競馬。

単なるマイラーではこの競馬はできないだろう。


開幕週の先行+内枠有利

馬場が乾くのは内側から


2枠3番、先行実績、牝系と血統、アグネスタキオン産駒でダート実績、武豊騎手から乗り替わり。

難点はある。しかし、ここで◎を打ちたい馬だ。


◎ノーザンリバー
○ペルシャザール
▲デボネア
△ステラロッサ
△サダムパテック
(次点:ナカヤマナイト、ダノンミル、カフナ、トーセンラー、オルフェーブル)


◎ノーザンリバー
イメージは、スウィフトカレントの天皇賞2着、カンパニーの天皇賞勝ち。どちらもHalo、FairTrialの小回り向き足捌きながらも長い直線の東京で好走した。

○ペルシャザール
安藤勝騎手が「ビュッとこない」「もう少し前で競馬をしたほうがいい」と言っているように、母方のセクレトが出て持続力に長けたタイプ。
◎のイメージに書いたスウィフトカレント天皇賞2着、その時に勝ったのはダイワメジャーと安藤勝騎手。先行させて粘らせる技術は日本一。無理やりでも持続力勝負にするだろう。

▲デボネア
雨、内枠なら◎候補だったが、良馬場想定で外枠は厳しい。
母ヴェルヴェットクイーンはムーンバラッドの全妹。そのムーンバラッドの芝G1実績は英ダービー3着、英チャンピオンS2着だけ。後はドバイWC1着だ。
母のパワーと持続力に長けた血統、そこに父アグネスタキオンでHalo3×4から軽い足捌きを受け継いだ。佐藤哲の思い切った競馬に期待したい。

△ステラロッサ
父ハーツクライに母父StormCatと突進型マイラーのようで、戦歴のように速い上がりタイプに思われがちだが、血統から見れば父ハーツクライのように前受けでこそ本領発揮すると考える。
仮に、先行前受けで本領発揮するなら、ドスローを上がり最速に近い脚で好走してきた戦歴は「向いていないレースで好走した」=「実力」と見れる。

△サダムパテック
減点材料は皆無。パワー、柔らかさを兼備しており、まさに府中向きの血統、走法だ。
例年、弥生賞は流れが緩く瞬発力タイプが走ることで、皐月賞での実績とは繋がらなかった。しかし、今年の皐月賞は府中だ。弥生賞との相関度は高いだろう。
頭の一つ二つは抜けており、勝っても驚かない。しかし、飛びぬけて強いとは思えない。だから△。


ナカヤマナイトは、ステイゴールドらしく、2流血統の母でも走る。だが、なんでもできる優等生はG1では好走できても勝ちきれない。
ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニー、シルクメビウスのように母方にパンチ力がない。そこだけだ。

ダノンミルは、母がフジキセキと同血。そこにジャングルポケットでジリジリと伸びるタイプに出た。府中は向くし、内田騎手の追い通しなら。

カフナは、母ピンクパピヨンがベッラレイアの全姉。G1に手が届かない宿命は牝系の血統から。先行してG1を粘り通せるほどのスケールはない。

トーセンラーは、内枠、先行予定なら◎だ。しかし、騎手が蛯名、陣営も差しを考えている、外枠。強いが、差して勝てるタイプではない、先行してこそだ。ここは好走しても勝たない。

エイシンオスマンは馬力型。良馬場回復なら厳しい。

ダノンバラードはHaloらしい。らしいが、薄っぺらい。スケールの大きさを感じない。

オルフェーブルは評価してきたが、差し馬だ。兄のように小回り向きのピッチ走法ではなく柔らかいから長い直線は向く。
だが、小回り向きのスペシャリストだからこそG1勝利したのが兄。血統を最大限生かしたのが兄なら、弟はG1には手が届かない。
前走負かしたペルシャザール、今走では負かされると感じる。








↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1

米血×Hyperion

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう


※【4月17日:マイラーズカップ】はコチラ



【4月17日:阪神5R未勝利戦】



◎は13番トウシンヤマト。

父ゼンノロブロイは米血で固めた配合だけに、母は欧血や米血をもたない配合が良い。ペルーサもその一例だ。

母ダディーズシューズは、トゥナンテやダイナマイトダディの近親で、目黒記念3着ダディーズドリームが産駒にいる。

サクラユタカオー×ノーザンテーストはサクラバクシンオーから短距離と思われがちだが、Hyperion血脈が豊富で日本古来の中距離血統だ。

フットワークが大きい馬だけに阪神内回り2200mを上手く回れるかだが、素質の高さで対応可能と見る。


○は4番ファタモルガーナ。

父ディープインパクト、母はエリシオにリヴリア、Nashuaと重ね、中距離で持続的な脚を使うタイプに出た。

新馬戦、前走は後方からになったが、二走前は先行して良い脚を使った。

距離延長、和田騎手に戻ったのも好都合だろう。

◎13番トウシンヤマト
○ 4番ファタモルガーナ

2頭を中心に、後は馬券組み立て次第というところか。

エメラルドインディはBold Rulerを重ねた血統にSir Gaylord、Somethingroyal。イメージとしてはヒカルアマランサスで外回り向きと思うが素質は高そう。

クレバーキングはキングカメハメハにSadler'sWells、Irish River(Riverman)を重ね、牝系はGreenDancer等と同じ。前走は休み明け、距離延長や内田騎手で怖い存在。

Nureyevのマイラー

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう


【4月17日:マイラーズカップ】


マイラーズカップの予想をする大前提として、ダービー卿チャレンジ出走組は一切いらない。


前走の準オープンを1000m61.4秒で逃げ切ったブリッツェンに誰も競り掛けず、

中間に12秒を挟むスローペースで準オープンと同じように逃げ切り。

楽に逃げさせると粘るAureoleの血脈を活かした逃走劇だが、

逃走劇を許した、捕まえることが出来なかった他馬はあまりにも情けない。


キョウエイストーム
ライブコンサート
コスモセンサー
ショウワモダン
ダンツホウテイ


すべていらない。

コスモセンサーは血統から好きな馬だが、前走ブリッツェンに楽々と逃走劇を許し、

シルポートがいる今走も消極的な競馬をしそうな松岡騎手だけにいらないだろう。


リーチザクラウン、スマイルジャックは、気性の悪さからマイル戦に挑んでいるだけで、

血統、体系どちらもマイラーではない。本質的には中距離馬だ。

血統構成は良い、能力もある。

だから、マイル戦でも走れてしまうのは、罪なことだ。


どちらか選べといわれれば、マイル戦では中団に構えて差す競馬から一転して、

Aureoleの血脈を活かす先行策が見え始めたスマイルジャック。

三浦騎手にとってこれ以上のお手馬はなく、スマイルジャックにとってもこれ以上の騎手はいない。

テイエムオペラオーと和田、ナリタトップロードと渡辺のような信頼度の高いコンビになってほしい。


ガルボは、母の血統に品が足りない。その分、Nijinsky≒FarNorthの馬力が表現されている。

要は、一流のマイラーではない。【1-3-0-1】実績の1400mベストだろう。


◎はゴールスキー。


【2月6日:東京新聞杯】でも◎を打ったように、ネオユニヴァースのマイラーでは最高傑作だ。

父、母でNureyevを増幅させた血統で、是非、安田記念で見たい。

Nureyevは英2000ギニーを1着失格だが、産駒ブラックホーク、ハートレイク、Miesque、SpinningWorldなどマイラーが多い。

そして、何よりも前走と比較して馬体が素晴らしい。

東京新聞杯のようにスローだと厳しいが、最終週の阪神、急坂、前走の巻き返しは可能だろう。


◎ゴールスキー
○スマイルジャック
▲キングストリート
△ダノンヨーヨー
△フラガラッハ
△シルポート
(次点:アパパネ)


◎、○は記述の通り。

▲キングストリートは、前走が案外だったのは出遅れもあるのだろう。

Euryantheはマルゼンスキーの母Shillと姉妹で、牝系は良い。馬体も増えて本格化、東京新聞杯の好走はフロックではないと感じる。

△ダノンヨーヨーは【2月6日:東京新聞杯】に記述したように、フォーティナイナーの爆発的な加速力で駆け抜ける。

馬体を見れば、惚れ惚れするような筋肉は、走りでも表現されている。

http://www.keibado.com/keibabook/itw/photo05.html

だから、一瞬の脚は凄い。ただ、一瞬の脚なのだ。

残り3Fをのうち2Fを11.0-11.2のような爆発的なスピードで走れるが、最後の1Fでしなやかさがない、斬れが続かない。

私はスプリンターズSまで◎にしない。テン乗り内田がどう乗るか。

△フラガラッハは母の相似配合で走るマイラー。外回りはポジティブだ。

△シルポートはスタミナの塊をもつホワイトマズルにサンデーサイレンスを配したニックス。57kgに戻って逃げさせると粘りこめる。


アパパネは、足捌きが速く、瞬発力が良い。その上で、長い直線のオークスに勝利したのが驚きだが、

私は秋華賞がもっとも強い競馬、アパパネ最大の武器である機動力を表現したレースだと考える。

アパパネが落としたレースは、新馬戦を除けばすべて直線が長いコースだ。

雑草的な強さをもっている好きな馬で、大負けもしないだろうが、今回は馬体もよく見えない。3着の紐ならば。


アブソリュートは中距離馬の斬れ、持続性で富士Sに勝利したが、同じタイプのスマイルジャックやリーチザクラウンには格で劣る。

ダンツホウテイは非力。阪神外回りでも勝利しているが、その内容も対戦相手も軽い。

ショウリュウムーンは前走が良く、外回り向きの血統、走法だがここではどうか。

リーチザクラウンは記述の通りだ。豊は控える。控えるならばいらない。アンカツの「中距離馬のフットワーク」という言葉を忘れてはならない。








↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1

FallAspen

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう


※【3月27日:毎日杯】はコチラ

※【3月27日:高松宮記念】はコチラ


阪神6R3歳500万下

◎11番クエルクス
○8番ピュアプリーゼ
▲2番エリンコート
△5番アルマフローラ
△3番テキサスルビー
△10番ママキジャ
△18番コスモバタフライ
×17番フジチャン

◎クエルクスは、牝系FallAspenが素晴らしい。レジネッタ(マクダヴィア)やティンバーカントリーなどの牝祖だ。フジキセキxDarshaan×Sadler'sWellsの組み合わせで、Millicent≒MillReef、Halo≒BoldReasonなど。絶対に短距離馬ではない。

○ピュアプリーゼは、トリッキーな中山で勝ち切れないが、未勝利の東京とおなじく広いコースで外回りの阪神1800mなら。

▲エリンコートは、デュランダル産駒にしては奥が深い。牝系SunnyValleyはバレークイーンと同じ一族。Halo≒SirIvorにRiverman、距離延長と外回りは歓迎だろう。

△アルマフローラは、ネオユニヴァースで東京2着は能力の証。

△テキサスルビーは、兄クロフォードの父フジキセキからスペシャルウィークに変わって力馬っぽさがない。

△コスモバタフライは、ソングオブウインドの成功系配合。










↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1

BrigadierGerard

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう


【3月27日:高松宮記念】

※【3月27日:毎日杯】はコチラ


宮記念は、中京から阪神に開催が変わったが、【3月27日:毎日杯】に記述通り、今の阪神の馬場はタフだ。

本来、平坦馬場でおこなわれる宮記念だから阪神とは適性がかけ離れるが、今年の実力馬を見る限り、マイナスに作用する馬は少ないだろう。



昨年のスプリンターズステークスで、キンシャサノキセキ、ダッシャーゴーゴー、ワンカラット、サンカルロの3頭は0.2秒差内。

阪神カップで、キンシャサノキセキとレッドスパーダはクビ差。斤量はともに57kg。

オーシャンステークスで、ダッシャーゴーゴーとキンシャサノキセキは0.1秒差、レッドスパーダは0.2秒差。

ダッシャーゴーゴー、キンシャサノキセキ、サンカルロ、レッドスパーダ、ワンカラットの2~6番人気に固まる5頭は、コース、馬場、レースの状況によって着順が入れ替わる僅差の勝負が多い。


ダッシャーゴーゴーは、母ネガノがスタミナ最強KeytotheMintの母KeyBridgeの相似配合。この底力が素晴らしい。

キンシャサノキセキは、お馴染みのサンデーサイレンス×リファールの先行粘りが真骨頂で、前走のような差しは本来の姿ではない。能力は問題ないが、リスポリが合うとは思えない。この馬を覚醒させたのはフランスのスミヨン。ルメールといい、フランスのジョッキーは先行させるのが上手いが、イタリアのジョッキーはそうではない。

サンカルロは主に母父ミスプロの血統で走るタイプでスプリンターではない。

レッドスパーダは、Halo≒SirIvorで素軽さもあるが、その分、スタミナ、底力に欠ける。強い馬だが、この底力に欠ける点、スプリンターではない点がどうか。

ワンカラットは、まさに父FairyKingらしいスプリンターで、時計がかかったほうが都合がいい。


新勢力はジョーカプチーノ。

マンハッタンカフェとカーリアンの好配合に、トウショウボーイ×フォルティノの素軽さを体現している通り、平坦コースは最強だ。

しかし、血統にパワーが欠けている。年齢を重ねて柔らかさからスプリンターらしい体系になりつつあるが、最強スプリンターになるには少し足りない気がしてならない。

宮記念が中京の平坦馬場なら問題ないが、急坂の阪神、さらにタフな馬場だと最後の最後でパワーが欠けていることが難点にならないか。


◎はショウナンアルバ。


典型的なムラ駆けだが、嵌まった時のパワー、スピード、底力は凄まじいものがある。

父ウォーエンブレムから流れるPrivateAccountやTomRolfeのパワー。HyperionやSon-in-Lawのスタミナ。

さらに、BrigadierGerardという英国最強馬の5x3という凄いクロスがある。

前走は前が詰まって不完全燃焼だが、小細工なしの爆発力がある血統からは、スプリントG1、それも阪神という舞台だからこそ可能性を感じる。

ウォーエンブレム産駒で小回りG1勝利といえば、ブラックエンブレムがいるが、あの馬も秋華賞では11番人気を覆しての勝利だった。

ムラ駆けで戦歴にバラつきが出やすいが、だからこそ、秘めた爆発力は凄まじい。

コース、馬場、レースの状況によって着順が入れ替わる現在の実力馬に風穴をあけるとすれば、この馬だろう。


◎ショウナンアルバ
○ダッシャーゴーゴー
▲エーシンフォワード
△キンシャサノキセキ
△ヘッドライナー
×ジョーカプチーノ
(次点:サンカルロ、ワンカラット)

◎は記述の通り。

○ダッシャーゴーゴーも記述の通りだが、サクラバクシンオー産駒で最高傑作ではないか。

▲エーシンフォワードは、香港マイルからの休み明けで人気がないようだが、その香港マイルではトップハンデで勝ち馬から1馬身程度と大負けしていない。馬力が勝ったタイプで、平坦よりも急坂がいい。

△キンシャサノキセキは強い。しかし、年齢とジョッキーから、先行できない場合はどうかという不安が残る。

△ヘッドライナーは、トゥザヴィクトリーと同じ牝系で、Hyperionを複数重ねている。先行粘り型は当然だが、Hyperion血脈の濃い馬は年齢を重ねて強くなる。

×ジョーカプチーノは、強い馬だ。しかし、スプリンターと呼ぶにはどうか。最後の最後で非力さが勝ちを遠ざけるのは、過去のスプリント戦で何度も見てきた。

次点は、ミスプロらしいサンカルロ、時計がかかれば強いワンカラット。

レッドスパーダは、記述の通りに柔らかい馬で底力に欠ける。スプリントG1では紛れることが難しいだろう。

アーバニティは、スティンガーの近親らしい馬だが、そのスティンガーが宮記念3着止まり。スティンガーより強いと思えないアーバニティが超えれるとは思えない。

ビービーガルダンは、ワンカラットと同じで時計がかかれば。








↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1
競馬ブログランキング
↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓ 1
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR