FC2ブログ

納得の◎3頭

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう



全体的に、馬券戦略と馬場読みを重ねて当日に再考したい。



■京都4R未勝利

◎はトウシンヤマト。

米血に偏りのある父ゼンノロブロイに対して、母ダディーズシューズはサクラユタカオー×ノーザンテースト×ガーサントと米血を持たず、Hyperionが核にある。

ペルーサ、サンテミリオン、ギンザボナンザ、ハートビートソングなど、ゼンノロブロイの中距離馬は母方の米血が薄く、Hyperionが核だ。

米血を支える欧血やHyperion、このアウトブリードがゼンノロブロイ産駒のベストといえる配合。

前走に続き、迷わず◎を打ちたい。


オーミチャンドラは、3代母In MemoryがAffirmedの半妹。Alydar、Secreto、Thunder Gulchと馬力や重々しい米血を重ね、ステイゴールドを配した。

ステイゴールドは、ナカヤマフェスタ(デインヒル)、シルクメビウス(ポリッシュネイビー)、アルコセニョーラ(モガンボ)など米血や馬力に偏った牝系との相性がかなり良い。

オーミチャンドラも米血や馬力に偏った母とステイゴールドが融合すれば、意外といわれる好走の可能性もあるだろう。


◎トウシンヤマト
○ラルゴ
▲オーミチャンドラ
△アーセナルゴール
△クレバーキング


人気のダノンハローは、ハーツクライのRevokedから絡めた米血がベースだが、少し煩い。内回り向きだけに、外回りに変わって前進は考え難い。



■東京10RプリンシパルS

ディープインパクト産駒が8頭と勢揃い。

選択するのは「将来性」とすれば、◎はターゲットマシン。

ディープインパクト産駒の中で将来性を感じているのは、ハブルバブルとターゲットマシン、トーセンラーの3頭。

ターゲットマシンは、祖母マンファスがキングカメハメハの母。配合は、HaloクロスにMill Reef5×5などかなり柔らかい。

これだけだと柔らかいが非力というトーセンレーヴ症候群に陥るが、しっかりパワーの血も有している好配合だ。

Mill Reefといえばサンテミリオンが浮かぶが、同馬も苦手の中山で好走して、東京でG1を勝利した。

ターゲットマシンも苦手であろう中山内回りで勝利しているだけに、東京で能力爆発の期待値が高い。

ディープインパクト産駒の中距離最有力はこの馬と私は見ている。ダービーに名乗りをあげてほしい。


◎ターゲットマシン
○ステラロッサ
▲ハーバーコマンド
△メイショウトチワカ
△アンバーシェード
(次点:ムーンリットレイク、カフナ、トーセンレーヴなど)

○ステラロッサは、このメンバーだと頭一つ抜けていないか。配合もいい。

▲ハーバーコマンドは、外回り向きの血統構成だ。東京で更に前進の可能性がある。

△アンバーシェードは、ジェルミナルの半妹。渋い先行馬だけに、粘り込みのイメージ。

△メイショウトチワカはWild Riskなどから外回り向きのナタ斬れ。東京は良い。

トーセンレーヴは総合力は高いが、爆発力はない。

好走も十分に可能だと思うが、ディープインパクト産駒は連騰で好走していない。そろそろ息切れの時期だろう。

全体的に、上昇度と秘めたる可能性をとりたい。



■京都11R京都新聞杯

◎は迷わずレッドデイヴィス。

巷では距離不安が囁かれるが、母ディクシージャズはデルタブルースの半姉。

血統はHyperion豊富で、距離延長は何ら問題ないだろう。

2000m前後の距離延長を好意的にとらえる理由はあっても、嫌う理由はない。


◎レッドデイヴィス
○ファタモルガーナ
▲ユニバーサルバンク
△サンビーム
△ルイーザシアター

○ファタモルガーナはLady Rebecca≒Rivermanなど外回り向きの重厚さ。通用するだけの素養はある。

▲ユニバーサルバンクはダービーに出てほしい1頭。距離延長は大幅プラス。雨が降れば更にプラス。

△サンビームはボールドルーラーらしい一本調子の先行馬。テン乗り藤田、淡々と逃げれば粘れる。

△ルイーザーシアターは奥が深い血統だ。










↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都新聞杯(2011年)【血統フェスティバル】予想

【京都新聞杯】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。

コメントの投稿

非公開コメント

競馬ブログランキング
↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓ 1
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR