FC2ブログ

雨や重・不良馬場のダービーにはドラマがある

→→→競馬ブログランキングで人気馬情報を探そう


【5月29日:日本ダービー】


雨や重・不良馬場のダービーは数回しかないが、ドラマがある。


2003年6月1日、第68回日本ダービー。

重馬場の開催、勝利したのは母が欧血で固められたネオユニヴァース。

2着ゼンノロブロイは、後にグランドスラムを達成。

3着ザッツザプレンティは、後に菊花賞勝利、重馬場のジャパンカップで2着。


2009年5月31日、第76回日本ダービー。

不良馬場の開催、勝利したのは03年ネオユニヴァースの仔ロジユニヴァース。

4着ナカヤマフェスタは、後に宝塚記念勝利、凱旋門賞で2着。


この2年に通じることは、ダービー馬の称号を得た馬は後に活躍できていないが、

入着した馬はかならず後にG1勝利をしていること。


雨や重・不良馬場のダービーは、数回しか体感できない"未来のドラマ"を見ることができる。


2011年5月29日、第78回日本ダービー。

ドラマの主役になるのは◎ユニバーサルバンクだ。


祖母ライトバンク(仏)は、伊G1オークス(2400m)、伊G1レジーナエレーナ賞(1600m)の牝馬2冠。

更に、伊牝馬最強戦といわれるリディアテシオ賞(2000mm)とG1で3勝。

英ダービー1着、愛ダービー2着のドクターデヴィアス(愛)を配した相似配合で誕生したのが母ヴィクトリーバンク。


ヴィクトリーバンクは、Klairon4x3、Ribot6x4のクロスで、父ドクターデヴィアスのスタミナを受け継いだ中距離馬。

更に、ヴィクトリーバンク、その仔で走ったパントクラトールの重・不良馬場の結果が面白い。


・パントクラトール
阪神2400m外 不良 1着(6人気)
阪神2000m内 重  4着(5人気)

・ヴィクトリーバンク
中京2500m内 不良 1着(2人気)
中山1600m外 不良 14着(11人気)
阪神2000m内 重  4着(9人気)


ヴィクトリーバンクが中山1600m外で14着だが、古馬で芝2600mの長距離戦を制す馬だけにマイルは度外視できる。

そうすれば、重・不良馬場での結果は【2-0-0-2】で、1度も人気以下になったことがない。

仔パントクラトールはPasadoble≒Allegedの4×4で、母のRibotクロスを受け継いでRibotらしい走りをするが、

実は、2009年第76回ダービーで3着したアントニオバローズもPasadoble≒Allegedのニアリークロスだ。


ユニバーサルバンクは、母のKlairon4x3を父のSicambreで受け継ぎ、ポインテッドパスの欧血で母からドクターデヴィアスのスタミナを受け継いだ配合だ。

【2月13日:共同通信杯】でもユニバーサルバンクを◎とした。

その時に掲載したのは、

-----一部抜粋-----
雨、重い馬場、長い直線。
このキーワードで出てくる血統は「Sicambre」だ。
ネオユニヴァース(母母父Shantungの父がSicambre)のダービー。
サンテミリオン(祖母Sudaka3x5)のオークス。
どちらも仏仕様Sicambreの血統で、重い馬場、長い直線で勝利を掴んだ。
Sicambreの血統を持つ馬では、タニノギムレット(母タニノクリスタルSicambre3x4)、リベルタスもSicambreがある。
-----一部抜粋-----

雨、不良馬場、ダービー。この馬しかいない。


雨や重・不良馬場のダービーは数回しかないが、人間にもドラマがある。


2003年6月1日、第68回日本ダービー。

ネオユニヴァースに騎乗したのはデムーロ。外国人騎手で初のダービージョッキー。


2009年5月31日、第76回日本ダービー。

ロジユニヴァースに騎乗したのは横山典弘。悲願のダービージョッキー。


2011年5月29日、第78回日本ダービー。

第68回日本ダービー前、同厩舎のエイシンチャンプを選び、ダービーを逃した福永祐一。

彼もまた、雨や重・不良馬場のダービーで、初の、悲願のダービージョッキーへ。

祖母が伊G1馬、来日のデットーリ騎手はイタリア人。シャレているのではないか。


◎ユニバーサルバンク
○デボネア
▲トーセンラー
△オルフェーヴル
△ベルシャザール
△クレスコグランド
(他:ロッカヴェラーノ、ナカヤマナイト、フェイトフルウォー)


○デボネアは、何度も褒めてきた。母がムーンバラッド全妹、そこにHalo3x4+デットーリ。

▲トーセンラーは、母プリンセスオリビアの相似配合を父ディープインパクトの母で受け継いだ。前々で運べば重厚な欧血が活きる。

△クレスコグランドは、母がマンハッタンカフェ全妹。父、母でステイヤーに出た可能性があり、前で運ぶならスタミナあり。

△オルフェーブルは、前走がG1級といえる素晴らしい脚だった。ダービーは2000mベストの馬でも走れる。

△ベルシャザールは、道悪歓迎だろう。














↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓
1
スポンサーサイト



競馬ブログランキング
↓参考になった競馬好きな人はワンクリックお願いします↓ 1
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR